セルフ 脱毛 の効果は?メリットデメリットやエステ脱毛との違いとおすすめサロンを紹介

セルフ 脱毛
(※本ページはプロモーションが含まれています)

セルフ 脱毛 は、サロンやクリニックとは異なり、自分で脱毛を行う方法です。1人で脱毛を希望する方も多いかもしれません。

この記事では、セルフ脱毛の利点や注意点、効果について詳しく説明します。また、おすすめのサロンもご紹介していますので、サロンを選びたい方はぜひ参考にしてください。

効果を追求したいのであれば医療脱毛がおすすめです。おすすめのクリニックはこちら。

クリニック

料金

公式サイト

レジーナクリニック

全身+VIO

5回

99,000円~

1人ひとりの毛質や肌質に合わせて脱毛機を選択

エミナルクリニック

全身+VIO

5回

76,000円~

オリジナルのダイオードレーザーを搭載した機器を使用

クレアクリニック

全身脱毛

5

173,400円~

施術後のお肌ケアが充実しているクリニック

 

セルフ 脱毛 どんな方法がある?

セルフ 脱毛

セルフ脱毛には、主に家庭用脱毛器とセルフ脱毛サロンの2つの方法があります。ここでは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

家庭用脱毛器(家庭用光美容器)を使用する

家庭用脱毛器は一般に市販されており、出力は調整可能です。光脱毛器とレーザー脱毛器の2つのタイプがあります。

自分でケアできるため、気軽にムダ毛処理ができます。これらの脱毛器は毛根の成長組織に対してダメージを与え、毛を細く柔らかくしたり成長を抑制したりすることで効果を発揮します。ご自宅でのムダ毛ケアを希望される方におすすめです。

セルフ脱毛サロンに通う

セルフ脱毛サロンでは、個別の部屋と専用の脱毛器が提供され、利用者で施術を行います。ほとんどの場合、会員登録や予約が必要です。

利用者が自ら施術を行うことが基本となっており、気軽に施術が行える利点があります。専用の環境や設備を活用しながら、自己のペースで脱毛を実践できるでしょう。

セルフ 脱毛 の効果

セルフ 脱毛

ここでは、家庭用脱毛器とセルフ脱毛サロンのそれぞれの効果について紹介します。

家庭用脱毛器|エステ脱毛や医療レーザー脱毛より効果が低い

ある程度の効果は期待できますが、完全ではありません。光テクノロジーを利用しているため、一時的な減毛・抑毛作用があります。細胞のアポトーシス誘導などが起こり、一時的なムダ毛のケアが可能です。

ただし、出力は低く抑えられています。そのため、効果が得られるまでには時間がかかるでしょう。やけどや水ぶくれのリスクが少ない一方で、出力の低さから1回の効果は限定的です。継続的な使用が必要であり、効果が現れるまでの期間が長くなることを覚えておきましょう。

セルフ脱毛サロン|家庭用脱毛器より高い効果を望める

美容脱毛と同等の効果が期待できます。使用されるのは光(フラッシュ)です。光脱毛は減毛・抑毛の効果が期待でき、使用を続けるとツルツル肌をキープできますが、使用をやめると毛が再び生えてきます。

効果は美容脱毛よりも低めです。安全性を考慮して出力が低く設定されているため、効果を実感しにくい場合があります。また、医療脱毛よりも効果は低くなるでしょう。美容脱毛と同じ光を使用しているため、強力なパワーはありません。

医療脱毛では永久脱毛が可能ですが、セルフ脱毛サロンの施術は減毛・抑毛効果にとどまります。

セルフ 脱毛 のメリット・デメリット

セルフ 脱毛

ここでは、セルフ脱毛のメリット・デメリットを紹介します。家庭用脱毛器とセルフ脱毛サロンに分けて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器による セルフ 脱毛 のメリット

ここでは、家庭用脱毛器のメリットを3つ紹介します。家庭用脱毛器はタイミングや値段などにおいて利点があります。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

好きなタイミングで脱毛できる

仕事や学校、家事などで時間に追われ、サロンやクリニックに通うのが困難な場合でも、早朝や深夜など、24時間自分の都合に合わせて脱毛することが可能です。

自宅で使用でき、予定に合わせて行えるため、忙しい日常生活においてもケアを続けられます。

サロンやエステと比べて安価で脱毛できる

サロンやエステと比べて安価に脱毛ができるのも、利点です。数万円〜10万円程度で手に入り、その後の費用はほとんどかかりません。

一方、エステや医療脱毛では脱毛したい部位ごとにプランや料金が設定されており、数十万円以上の費用がかかることが一般的です。これに対して、家庭用脱毛器は購入費用がサロンやエステに比べて安く、長期的な負担が軽減できます。

人目が気にならない

自分で脱毛を行うため、他の人に体を見せたり触られたりすることがありません。たとえば、胸やVIOなど他人に見られるのが恥ずかしい箇所でも、自宅で気兼ねなく脱毛ができます。

プライバシーを守りながら自己ケアが可能であり、脱毛の際に他人の目を気にすることなく快適に処理ができるのが魅力です。

家庭用脱毛器による セルフ 脱毛 のデメリット

家庭用脱毛器はメリットもありますが、その一方でデメリットもあります。ここでは、デメリットを3つ紹介します。予想外のことが起こらないよう、購入前にぜひチェックしてみてください。

部位によっては脱毛しづらい

背中やうなじ、ヒップなど手の届きにくい箇所は自己処理が困難です。正確に照射するのが難しく、仕上がりにムラが生じる可能性があります。

信頼できる家族や友人に手伝ってもらうか、エステや医療脱毛など第三者による施術を検討するのがおすすめです。均一な脱毛効果を得られるでしょう。

出力を調整するのが難しい

出力を調整する機能がありますが、適切なレベルを見極めるのが初めは難しいかもしれません。

出力を弱くしすぎると効果が得にくく、逆に高くすると痛みや肌への負荷が増える可能性があります。低い出力から始めて、痛みや赤みが出ない範囲で徐々に出力を上げていくことが大切です。

継続できないことも多い

効果を得るためには何度も繰り返し照射が必要ですが、自己処理の手間や時間を確保することは容易ではありません。

脱毛サロンやクリニックでは専門スタッフが対応してくれるため、自分で行うよりも負担が少なく継続しやすいものの、家庭用脱毛器は自己管理が求められます。そのため、面倒を感じて途中で断念するケースも多い傾向があります。

継続的な処理が必要な脱毛において、モチベーションを保つことが大切といえるでしょう。

コンスタントに脱毛を行って効果を追求したい場合や、全身の脱毛をしたい場合は、クリニックの医療脱毛を選ぶのがおすすめです。おすすめのクリニックはこちら。

クリニック

料金

公式サイト

レジーナクリニック

全身+VIO

5回

99,000円~

1人ひとりの毛質や肌質に合わせて脱毛機を選択

エミナルクリニック

全身+VIO

5回

76,000円~

オリジナルのダイオードレーザーを搭載した機器を使用

クレアクリニック

全身脱毛

5

173,400円~

施術後のお肌ケアが充実しているクリニック

セルフ 脱毛 サロンのメリット

ここでは、セルフ脱毛サロンのメリットについて紹介します。家庭用脱毛器に比べて高い効果が望めますが、他にはどのような利点があるのでしょうか。ぜひチェックしてみてください。

人に体を見られずに脱毛できる

セルフ脱毛サロンの利点は、1人で個室で脱毛ができることです。他人に体を見られるのを気にせず、高い効果を得たい方に適しています。

セルフ脱毛サロンでは、準備から後片付けまで全て自分で行います。個室に入り鍵を閉めれば誰も入ってくることはありません。

スタッフに体を見られることなく、ワキやVIOなども安心して脱毛できます。他の人に体を見せるのが恥ずかしいと感じる方にとって、おすすめの方法です。

施術範囲を自由に決められる

施術範囲を自由に決められるのも、利点です。エステ脱毛や医療脱毛では、部位ごとにプランが決まっており、他の部位を脱毛したい場合は別途費用や予約が必要です。

しかし、セルフ脱毛サロンでは時間制や月額制が一般的で、料金内であれば自由に脱毛できます。

エステや医療脱毛ではワキと脚などでプランや料金が異なることがありますが、セルフ脱毛サロンではどの部位を脱毛しても料金は変わりません。

施術料金が比較的安い

セルフ脱毛サロンの利点は、比較的安価な施術料金です。多くのセルフ脱毛サロンでは時間制を採用しており、10〜60分単位で料金が設定されています。支払い方法は都度払いや月額払いが一般的です。

料金相場は、60分の施術で1万円〜2万円程度です。全身の場合、1回の施術が60分であれば、6〜12万円程度の費用がかかります。

医療脱毛や美容脱毛に比べて費用がかなり安く、経済的な面での利点があるといえるでしょう。

セルフ 脱毛 サロンのデメリット

セルフ脱毛サロンには、さまざまなメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。ここでは、セルフ脱毛サロンのデメリットについて3つ紹介します。施術したい部位が照射できない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

慣れるまでは施術に時間がかかる

慣れるまでは施術に時間がかかることが挙げられます。初めて機器を操作する場合、誰でも慣れるまでに時間がかかってしまうでしょう。

しかし、セルフ脱毛サロンでは初心者でも扱いやすいタッチパネル方式の機器が使用されています。正しい手順に従えば、初めての方でも脱毛することが可能です。

また、一部の店舗では初回の来店時にスタッフが丁寧に説明を行ってくれる場合もあります。そのため、初めての方でも安心して施術に取り組めるでしょう。

照射できない部位がある

手が届かず、照射できない部位があるのがセルフ脱毛サロンのデメリットです。たとえば、背中の自己照射はほぼ不可能に近いでしょう。

一部の店舗では、1室に2人まで入室できる場合もあります。このような場合、家族や友人同士で入室すれば、お互いに手の届かない部分の施術を助け合うことも可能です。

しかし、基本的にセルフ脱毛サロンは1人で施術を行うため、背中や腰など手の届きにくい部分の照射が難しく、仕上がりにムラが生じる可能性があります。

やり方を誤ってやけどをする危険がある

やり方を誤ってやけどをする危険があります。業務用の光脱毛器を使用するため、家庭用脱毛器よりも効率的ですが、照射出力も高くなるため、出力を過剰に設定した場合、やけどをする可能性があります。

また、脱毛の前にムダ毛の処理を怠ると、照射時にレーザーがムダ毛に反応し、予想以上の熱エネルギーが発生する可能性もあるでしょう。

やはり、安全性や効果を求めるのであれば、クリニックでの医療脱毛がおすすめです。おすすめのクリニックはこちら。

クリニック

料金

公式サイト

レジーナクリニック

全身+VIO

5回

99,000円~

1人ひとりの毛質や肌質に合わせて脱毛機を選択

エミナルクリニック

全身+VIO

5回

76,000円~

オリジナルのダイオードレーザーを搭載した機器を使用

クレアクリニック

全身脱毛

5

173,400円~

施術後のお肌ケアが充実しているクリニック

セルフ 脱毛 とエステ脱毛はどっちがいい?違いをチェック

セルフ 脱毛

セルフ脱毛サロンとエステ脱毛サロンの施術方法や料金には、以下のような違いがあります。

施術方法料金効果施術部位
セルフ脱毛サロン自身で行う定額制(部位ではなく時間で設定されている場合が多い)違いはない自由
エステ脱毛サロンスタッフが行う分割払い・都度払い違いはない部位単位

セルフ脱毛サロンとエステ脱毛サロンを選ぶ基準として、自分にとって利点が大きい方法を選ぶのが大切です。

セルフ脱毛サロンは、費用を抑えながら手の届く部位のみ脱毛したい場合におすすめします。また、他人の目が気になる方も、自分自身で脱毛ができるため、安心して利用できるでしょう。

ただし、通う間隔に注意が必要です。一部のサロンでは頻繁な通院を促すことでお得感を提供していますが、毎日通っても即効性があるわけではありません。

一方、エステ脱毛サロンは、スタッフによる施術で全身の脱毛を行いたい人におすすめです。スタッフが施術を担当するため、自分では届きにくい部位もムラなく脱毛できます。

また、次回の予約もサロンで済ませることがほとんどです。これにより、正しい周期で通いやすくなり、高い脱毛効果が期待できます。

セルフ 脱毛 サロンでの一般的な施術のやり方

セルフ 脱毛

ここでは、セルフ脱毛サロンの施術方法について紹介します。どのように自身で脱毛するかぜひ参考にしてみてください。

1.マシンを消毒する

まずは使用するマシンを消毒しましょう。消毒用アルコールやペーパータオルなどを使用し、照射面をしっかり拭き取ってください。マシンの照射面に毛やごみなどが付いていないかチェックすることも大切です。

マシンを消毒することで衛生面を保ち、安心してセルフ脱毛の施術を行えます。照射面が可能な限り清潔であることを確認し、次の手順へ進みましょう。

2.ほくろや傷を覆って保護する

薄いほくろなら問題ありませんが、傷やタトゥー、5mm以上の毛が伸びている箇所は施術禁止です。ほくろや傷を覆って保護してください。

脱毛器の光は「黒い部分」に反応するため、ほくろなどの黒い箇所にも反応する可能性があります。

シールや白ペンを使用して、施術前にほくろや傷を隠すようにしましょう。

3.施術部位に脱毛ジェルを塗布する

施術部位に脱毛ジェルを薄く塗っていきましょう。ジェルは照射時の痛みや刺激から肌を保護するために必要なため必ず塗布してください。

ジェルに保湿成分が含まれており、肌に残った場合はそのまま塗り込むことをおすすめしているサロンもあります。

4.照射する

ジェルを塗ったら照射していきます。照射面を肌に密着させるように押し付け、照射ボタンを押してください。痛みが出る可能性があるため、隙間がないように密着させて、滑らせるように照射します。

施術時は必ずサングラスを着用しましょう。脱毛に使用される光は強力なものであり、目を保護するためにサングラスが必要です。

5.ジェルを拭き取って保湿する

脱毛後はジェルを拭き取り、化粧水やクリームを使って肌をしっかりと保湿しましょう。脱毛後は肌が刺激を受けており、乾燥しやすくなっているため、保湿は欠かせません。

また、施術後にはマシンの消毒や清掃も忘れずに行いましょう。特にマシンについたジェルの拭き残しには注意が必要です。

スタッフが常駐している セルフ 脱毛 サロンのおすすめ2選

セルフ 脱毛

ここでは、スタッフが常駐しているおすすめのセルフ脱毛サロンを2つ紹介します。

セルフメイド

セルフ 脱毛

セルフメイドは初期費用や契約不要で手軽に利用できます。プロ仕様の脱毛マシンを使っているにもかかわらず、操作は簡単で初心者でも安心です。

セルフメイドは痛みのないSHR方式の脱毛マシンを採用しており、安全性が高いと評されています。さらに、マシンの消毒は医療現場でも使用される特殊な殺菌消毒剤を使用しているため、安心して利用できるでしょう。

料金10分3,300円
脱毛方式SHR脱毛
取り扱いのある脱毛器の名称
特徴初期費用不要の都度払い制で気軽に通える
店舗数33店舗
営業時間店舗により異なる
キャンセル料金
無料オプション入会金・事務手数料
キャンペーン学割・サマーキャンペーン・リピート割・初回1,000円ポッキリキャンペーン

キングスサロン

セルフ 脱毛

キングスサロンは、完全セルフサービスの脱毛サロンです。個室で他人に見られることなく、好みのデザイン脱毛を楽しめます。

部分脱毛と全身脱毛の2つのシンプルプランから選べ、料金は入会金や年会費なしでお得です。追加料金もなく、個室利用料のみで1人でも2人でも利用できます。そのため、カップルや友達同士で背中など届かない箇所のケアも可能です。

料金20分3,500円
脱毛方式光脱毛
取り扱いのある脱毛器の名称
特徴完全個室で自分好みに脱毛できる
店舗数20店舗
営業時間店舗により異なる
キャンセル料金
無料オプション入会金・事務手数料
キャンペーン初回体験プラン

セルフ 脱毛 サロン(無人)のおすすめサロン3選

セルフ 脱毛

ここでは、無人のセルフ脱毛サロンを3つ紹介します。

セルフ脱毛サロン ハイジ

セルフ 脱毛

ハイジはセルフ脱毛専用のオリジナル脱毛器を使用し、プロ仕様のHHR方式を採用した革新的なセルフ脱毛サロンです。

人件費削減によるリーズナブルな料金と広告塔を使わない方針により、お得なサービスを提供しています。お出かけ前や深夜など、好きなタイミングで利用できるでしょう。

料金月5,000円~(店舗により異なる)
脱毛方式ハイブリッド脱毛
取り扱いのある脱毛器の名称ハイジオリジナル脱毛器
特徴定額プランでお得に脱毛ができる
店舗数66店舗
営業時間店舗により異なる
キャンセル料金
無料オプション入会金・事務手数料
キャンペーン1人でお試し体験・ペアでお試し体験

ワンセルフ

セルフ 脱毛

ワンセルフは2人までの同時入室が可能で、脱毛しにくい箇所も一緒に施術できる安心感があります。痛みの少ないバルジ領域への広範な照射により、やけどや肌トラブルのリスクも軽減しています。

男性・女性・10歳以上のお子様まで利用でき、日焼け肌や金髪、産毛にも効果があります。従来の毛周期に合わせた脱毛とは異なり、SHR脱毛なら毛周期に関係なく施術が可能です。2週間ごとの施術で、早くて6カ月で全身のケアが完了します。

料金20分3,500円
脱毛方式SHR脱毛
取り扱いのある脱毛器の名称
特徴完全無人で恥ずかしさがなく通える
店舗数54店舗
営業時間店舗により異なる
キャンセル料金
無料オプション
キャンペーン初回お試し

chocoZAP

セルフ 脱毛

chocoZAPはサロン仕様の脱毛器を採用しており、痛みを軽減しつつ均一に照射できます。広範囲の照射面積でムラのない施術が可能であり、発毛周期や毛質に関係なく使用可能です。

また、5段階のパワー調整で肌質や肌色に合わせたケアができ、肌が弱い方でも安心して利用できるでしょう。水冷と冷風の組み合わせでお肌を引き締めながら施術を行い、ムラなく照射して負担を軽減します。

料金月3,278円
脱毛方式IPL脱毛
取り扱いのある脱毛器の名称
特徴気軽に通えるコンビニジムでセルフ脱毛ができる
店舗数
営業時間24時間
キャンセル料金
無料オプション
キャンペーン入会金・事務手数料無料キャンペーン(2023年8月15日まで)

セルフ 脱毛 に関するQ&A

セルフ 脱毛

ここでは、セルフ脱毛に関するよくある質問にお答えしていきます。

セルフ脱毛サロンに通う期間や周期は?

通う期間や周期はサロンによって異なります。一般的には2~3カ月に1回のお手入れが推奨されていますが、これは多くのサロンでの基準です。

部位によっては毛周期のサイクルが異なるため、部位ごとに推奨頻度が設定されている場合もあります。

個人の毛周期や毛質によっても通う期間や周期が異なりますが、定期的なお手入れを継続することで効果的な脱毛が目指せるでしょう。

背中やVIOゾーンは家庭用脱毛器やサロンでセルフ脱毛できる?

背中やVIOもセルフ脱毛は可能です。

家庭用脱毛器を使用したVIO脱毛では1~2週間に1回の頻度で照射し、1年半程度の使用で効果を実感できるでしょう。背中脱毛では、照射面積の広い脱毛器を選ぶのがおすすめです。

セルフ脱毛サロンでのVIO脱毛は、粘膜への照射を避けるため注意が必要であり、生理中は施術が制限される場合があります。背中脱毛では、サロンによってはスタッフが手伝いをするサービスや2人での施術も可能です。

セルフ脱毛サロンは未成年でも通える?

店舗によって対応は異なりますが、基本的に未成年でも通えます。その場合、親御さまや親権者の同室および同意が必要なことがほとんどです。お子さまのデリケートな肌に対応するためのチャイルドモードがある脱毛器もあります。

未成年の方も安心して施術を受けられる環境を提供していますが、各サロンの規定や条件によって異なる場合があるため、事前に確認しましょう。

セルフ脱毛で永久脱毛はできる?

セルフ脱毛で、永久脱毛はできません。定期的なお手入れによって、自己処理がほとんど不要な程度までムダ毛を薄くすることは可能です。

セルフ脱毛器は安全性を考慮し、出力を抑えた設計になっています。そのため、サロンに通うよりも時間がかかることが一般的です。

セルフ脱毛を選ぶ場合は、根気強く継続的なお手入れをする必要があります。永久脱毛を希望する場合は、専門のクリニックやサロンでのプロの施術がおすすめです。

セルフ 脱毛は人目を気にせず自分のペースでできる脱毛方法

セルフ 脱毛

家庭用脱毛器やセルフ脱毛サロンでの脱毛は、人目を気にせず自分のペースで脱毛することが可能です。

ただし、手の届かない部位への照射が難しく、ムラができてしまう場合もあるでしょう。全身漏れなく照射したい方や、プロの手による施術を受けたい方は、クリニックに通うのがおすすめです。

クリニック

料金

公式サイト

レジーナクリニック

全身+VIO

5回

99,000円~

1人ひとりの毛質や肌質に合わせて脱毛機を選択

エミナルクリニック

全身+VIO

5回

76,000円~

オリジナルのダイオードレーザーを搭載した機器を使用

クレアクリニック

全身脱毛

5

173,400円~

施術後のお肌ケアが充実しているクリニック

本記事を参考に、自身のニーズに合った脱毛方法を選びましょう。

関連記事

  1. キレイモ 口コミ は?評判悪いってほんと?|脱毛効果や料金についても解説

  2. ミュゼ 口コミ は?評判悪い?特長・料金プラン・体験談レビューも紹介

  3. メンズクリアってどう?真相について口コミを交えて徹底解説

  4. 医療 脱毛 おすすめ

    医療 脱毛 おすすめ クリニック30選|永久脱毛のコースの値段・特徴・注意点を紹介

  5. レーザー 脱毛

    医療 レーザー 脱毛 の仕組みとは?効果が出る回数や期間、光脱毛との違いなどを紹介!

  6. 大阪 医療 脱毛

    【 大阪 】 医療 脱毛 のおすすめクリニック50選|効果の高いクリニックはどこ?

目次Toggle Table of Content